わが町【 和歌山県・田辺市 】
気候は温暖・自然が豊か・黒潮の恵みを
いっぱい受けて、だから魚がうまいのです!!
田辺市は平成17年5月1日より龍神村、中辺路町、大塔村、本宮町と
合併しました。

 
 土佐丸が母港とする田辺漁港は、和歌山県田辺市にあります。
  田辺市は平成17年5月1日に周辺4町村(龍神村、中辺路町、大塔村、
  本宮 町
と合併いたしました。


 紀伊半島の南西側、和歌山県の南部に位置しており、みなべ町、印南町、日高川町、清水町、奈良県野迫川村・十津川村、熊野川町、古座川町、日置川町、上富田町、白浜町にそれぞれ隣接しています。(町村名は平成17年5月1日時点のものです。)
 西よりの海岸部に都市的地域を形成するほかは、森林が大半を占める中山間地域が広がり、主な水系としては、日高川水系、富田川水系、日置川水系、熊野川水系の4水系を抱える、広大な圏域です。
 また、気候は海岸部の温暖多雨な太平洋型気候から、山間地における内陸型の気候まで、広範囲にわたっています。

  • 総面積…1,026.63km2 (東西約45km、南北約46km) → 和歌山県全域の約22%、県内第1位
  • 人 口…86,003人
  • 世帯数…34,461戸



近隣他府県との位置関係は
右図のようになります。



 当地域は黒潮紀南分流により水産資源の種類は多く、
一本釣り漁業
、まき網漁業、船びき網漁業等が行われており、
主な魚種として、イサキ、カツオ
、アジ、サバ、シラス、イワシ等があり、
他にイセエビ、車エビ類、ガザミ等も漁獲されています。
                      

 土佐丸
は上記の中の巻き網漁業に属し、主にアジ・サバ
獲っています。
         
(操業中の土佐丸)
 張り巡らした網を絞って来た
ときの模様。
 船と船の間に魚が溜まって
います。
 
 まさにクライマックスです!!


 このように
、田辺市は古くから漁業が盛んで、市内には県管理の
田辺漁港と田辺市管理の芳養漁港、目良漁港、内の浦漁港があり、
土佐丸は県管理の田辺漁港を母港としております



 田辺市には田辺漁協の他に、湊浦漁協、新庄漁協の合わせて
3漁協があり、県下有数の水揚量があります。

 
土佐丸は田辺漁協に所属しています。






HOME

お問合せ・ご質問はこちら